妊娠中の【 胸 サイズ 】の変化やブラジャー選びについて

posted in: バストアップ | 0

授乳後のブラジャー選び

ブラジャーが垂れを防止

女性の胸は年齢によって変化していきます。変化が著しい10代では、初潮が始まる前後に胸のサイズがアップします。そして、妊娠や産後は特に胸のサイズアップが目立ち、妊娠前に使用していたブラジャーでは合わない場合も多くなります。しかし、授乳期間が終わる頃には、胸はどんどんサイズがダウンしていきます。これは、女性ホルモンが減少するとともに、胸を支えていた筋肉が追い付かなくなり胸が垂れてしまうのです。このような現象は出産経験のある多くの女性が経験済みで、急激なサイズの変化に戸惑う人も少なくありません。胸が垂れてしまうのは年齢の影響もありますが、対策を行っていればその大きな変化をある程度は防げます。その対策の1つのブラジャーがあり、これを始終身に着けることで大きさや形の崩れを防いでいけるのです。

ブラジャーは就寝中も身に着けておいた方が良く、姿勢が崩れるときだからこそ胸を支えておかなければいけません。そのためにも、産後のブラジャー選びはとても大切なのです。ブラジャーを選ぶ時期は、授乳期間が終わった頃にサイズを正しく測って選ぶようにします。このときに、妊娠前よりサイズがダウンしてしまう可能性も考えられます。しかし、その時点でのサイズに合わせたブラジャーではないといけないため、妊娠前のサイズにとらわれてはいけません。そして、日中身に着けるブラジャーと、就寝中に身に着けるブラジャーを選んでいきます。就寝中に使用するブラジャーは締め付けすぎない柔らかいものを選ぶようにしたり、専用の物を探していくといいでしょう。サイズに合った正しい物を使用することで、胸の垂れを防いでしっかりと支えてくれます。美乳と言われる状態には、こういった対策や努力が欠かせなくなるのです。

胸のサイズは年齢とともにダウンしていきますが、授乳後はその変化が一番大きい時期です。これを少しでも防いでいくには、胸の垂れを防止するブラジャーが欠かせなくなります。授乳後は正しい胸のサイズを測り、それに合ったものを就寝中も身に着けることで、大きさや形の崩れに役立ってくれます。

妊娠中の下着について

マタニティ用ブラの選び方

大半の女性は、妊娠すると胸のサイズが大きく変わります。例えばそれまでAカップだったのが、妊娠してCカップにまでなった、という話も珍しくありません。そのため、特に出産が近づいてくると、新しくブラジャーを買い替える女性が多いのです。そしてそれだけでなく、妊娠中や出産後の胸は、とてもデリケートです。そのため、きつく締めつけたり、硬い素材のブラジャーは負担になります。また、母乳育児の場合は、毎日頻繁に授乳しなければなりません。そのため、マタニティ用、あるいはバーシング用のブラジャーが必要になるのです。これらのブラジャーの特徴は、まず胸に優しい素材が使われていること、そして産後対応のタイプであれば前開きだったりカップがめくりやすかったりと、授乳に配慮した構造になっていることです。その中でも長く使えるのは産前・産後両用のものですから、改めて買い替えるのが大変という場合は、そちらを選ぶのがベストです。
そしてもう一点、サイズに関しても、アンダーがゆったりめになっていたり、サイズ調整の幅が大きかったりと、胸の変化に対応しやすい作りのものが多くなっています。これはマタニティ用のブラジャー独特のサイズ展開ですから、購入の際は実際の胸のサイズと対応表をよく確認し、できるだけぴったりのものを選ぶことが大切です。また、特に胸が張っている場合には、揺れて痛みを感じないよう、締め付けなくとも支えがしっかりしたブラジャーを選ぶようにしましょう。

妊娠すると、多くの女性が胸の変化を実感します。特に多いのがサイズの変化で、中には、カップが2サイズ以上変わったというケースも存在します。そのため、妊娠するとブラジャーの買い替えが必要になるのです。その際には産前だけでなく産後にも対応したマタニティ用の製品を選ぶと、長く使えてお得です。