【お腹すっきり痩せ菌ダイエット】痩せ菌ダイエットで-5kgを成功させる方法を徹底リサーチ!

posted in: ダイエット | 0

 

▶痩せ菌とは?腸内のデブ菌・痩せ菌バランスを診断!

お腹ダイエットには腸内細菌のバランス、腸内フローラの環境改善が大事です。  

そのことから、巷で話題になっているのが「痩せ菌」と「デブ菌」

一般的に「痩せ菌が多いと痩せやすい体質」「デブ菌が多いと痩せにくい体質」と言われています。

デブ菌・痩せ菌とは何なのか、まずは基本をみてみましょう。

 

【デブ菌】

ファーミキューテス門という腸内細菌のこと。

大腸菌などに代表される菌で、悪玉菌とも呼ばれます。

摂取した成分を腸内で吸収するときに、余分な糖や脂肪を排出させずにため込む傾向があります。

 

 

【痩せ菌】

善玉菌とも呼ばれる腸内細菌です。

主に腸内でのビタミン合成・免疫力向上、腸内環境を整える働きをします。

腸内環境を整えて、不要なものを便として排出させる細菌です。

肥満防止・老化防止などにも効果があります。

 

 

■あなたの腸内は痩せ菌タイプ・デブ菌タイプ?

現在のあなたの腸内はどちらが多いのでしょうか。

チェック診断で、まずは自分のタイプを知ってみましょう。

 

 

【あなたはどっち?痩せ菌体質・デブ菌体質をチェック!】

 

  • 3食しっかり食べない日が多い
  • 揚げ物など油を使う料理が好き
  • 運動する習慣がない
  • 喫煙する習慣がある

  • 便秘や下痢を起こしやすい
  • 肌荒れ・吹き出物ができやすい
  • 風邪をひきやすく長引く

 

チェック数1~2個で赤文字チェック0
  • 【痩せ体質】

お団子頭の女性

痩せ菌優位でバランスの取れた痩せ体質タイプ。

免疫力が高く、肌調子も安定しています。

ただしストレスがかかったときには注意。

年齢経過やストレス状態に合わせて、

適度な運動習慣や、痩せ菌を増やす食事を心がけましょう。

 

チェック数3~4個で赤文字チェック0
  • デブ菌体質予備軍】
生活習慣に要注意!デブ菌体質予備軍タイプ。

今は痩せていても、このタイプの状態を続けるのはNG!

代謝量が落ちると、腸内のバランスがデブ菌優位になりやすいです。

加齢や出産などを機に、一気にデブ菌体質になる恐れがありますね。

今から生活環境を変えて、腸内環境を整えておきましょう。

 

 

 

赤文字チェック1~3個
  • 【デブ菌体質】
ショックを受ける女性デブ菌優位でため込みがちなデブ菌体質タイプ。

乾燥肌や吹き出物、太り始めているなどすでに症状が出ています(>_<)

このままだと、年齢を重ねるごとに雪だるま式に太ってしまうかも。

習慣や食事の見直しをして、痩せ菌を増やしましょう。

痩せ体質ですっきりとした体になれるかは、今からの生活改善にかかっています!

 

 

 

 

痩せ菌体質の人は、痩せ菌の正体や増やし方を知っておき維持すれば、そのまま「いつまでたってもキレイ!」な美魔女になれそうですね(*´ω`*)

デブ菌予備軍・デブ菌体質の人は、痩せ菌を効果的に使って腸内フローラを整えるようにしてみましょう(>_<)

健康美人は腸美人。トラブルの根本を正して、加齢で損なわない美しさを手に入れてみませんか?

 

▶美腸に必須な【痩せ菌】の正体とは?本当の効果を知ろう

メガネと新聞

■痩せ菌の正体とは?

さて、腸内フローラを整える効果がある痩せ菌。

実は、痩せ菌とされるのは1つだけではなく、複数の菌がその働きをすることが確認されています。

どういった菌があるのか、その正体をさらに詳しく知ってみましょう。

 

【ビフィズス菌B-3】

体脂肪や皮下脂肪の軽減効果が確認された乳酸菌株。

善玉コレステロールによって、動脈硬化を予防する効果も期待されています。

  

【バクテロイデス菌】

バクテロイデス属の菌で、通常は日和見菌と呼ばれる中間勢力です。

善玉菌・痩せ菌が多い腸内では、ビタミン合成を助ける効果があります。

  

【乳酸菌EC-12株】

乳酸菌EC-12株は、主に免疫力に作用する乳酸菌です。

さらに、摂取するとビフィズス菌量を2,3倍に増やす効果が確認されています。

 

■痩せ菌で痩せる?

痩せ菌と呼ばれているものの正体についてはわかりましたでしょうか。

では痩せ菌で痩せるといわれる仕組みについても、正しく知っておきましょう。

 

【痩せる仕組み】

 

痩せ菌・善玉菌であるビフィズス菌を増やす。

下矢印マーク

善玉菌優勢になり、バクテロイデス菌が数多く味方につく。

下矢印マーク

悪玉菌が減り、腸内フローラが良い状態に整う。

下矢印マーク

余分な栄養摂取をせず、不要は分は便として排出されるので、脂肪をため込まない。

 
このように、必要なものだけ取捨選択するので、ちょっと食べすぎでも適切に排泄されて体に蓄積しにくくなります。
いくら食べても太らないという人の腸内では、「いらないものは捨てる」栄養の断捨離ができているのですね(≧▽≦)
しかし、「痩せ菌では痩せない」「痩せ菌はウソ」という話もあります。
その理由についても見てみましょう。
 

■痩せ菌は嘘?

首をかしげるスーツ姿の女性

 

さて、調べてみると「痩せ菌はウソで痩せられない」などという噂もありますね。

その原因としては、「痩せ菌」という名称やその働きへの誤解があるようです。

 

【ウソといわれる理由は?】

・痩せ菌が脂肪をバクバク食べるから何もしなくても痩せる

・乳酸菌も酵素も胃酸で死ぬので意味がない

さて、このように様々なところで誤解されているのが「生きている痩せ菌が腸内に届いて、脂肪を食べてくれる」といった話です。

 

「痩せ菌(ビフィズス菌などの腸内細菌)が体についた脂肪を分解する」ということはないです。

仕組みで解説したように、【腸内環境を整えて、入った食事から余分な栄養を吸収しないように排泄できるようになる】ということですね。

ダイエットの効果としては、新しくつく脂肪をデトックス・カットするので脂肪の蓄積を予防する効果が期待できます。

すでについている脂肪は、体を動かすのに足りないエネルギーとして分解することで痩せさせる必要があります。

 

脂肪を動かずに消していくものだと考えていると「だまされた!」「痩せない!」となってしまうのかもしれませんね(;^_^A

 

次に、効果についてです。

確かに、腸に届くまでに胃酸で大体の菌が死にますが、その死活菌が腸内細菌のエサになって活動することができるので「意味がない」わけではありません。

 

痩せ菌を取り入れたダイエットを考えている方でおすすめなのは、このタイプ。

  • 「ダイエットを始めるので、まずは効率よく燃焼できる体にしたい」という方
  • 「食べている量は多くないし、食事に気を遣ってダイエットしているのに・・・」という方
  • 「ダイエットをしていて、無事に落ちてきたけど、リバウンドが怖い・・・」という方

 

 

 

▶痩せ菌はどうやって増やす?

カラフルなテクスチャ・いろんな色や形の紙

痩せ菌を増やす即効性が高い方法が、食べ物からの摂取です。

食事から吸収するものは腸にすぐ届くので、比較的効果がでやすいですよ。

【食事でどうして増えるの?】

さて、沢山のさまざまな腸内細菌がいる腸内。

その中にいる細菌の比率は、善玉菌が20%・悪玉菌は10%で、残り70%は日和見菌(ひよりみきん)です。

この一番数の多い日和見菌の特徴、それは【強いものに味方すること】です。

食事で痩せ菌を増やす成分を得ることで善玉菌を優位にすれば、腸内環境のバランスを良い方に傾けられます。

 

 

 

■痩せ菌を発生させる食べ物(市販品)

スーパーなどでも手に入れやすく、すぐ始められる食材に注目してみました。

意識的に食べて、痩せ菌を増やすサポートをしましょう。

 

  ▼ヨーグルト

ヨーグルト

ヨーグルト

 

  • 効果

ヨーグルトをはじめとした発酵食品には、腸内細菌を活性化させる効能があります。

乳酸菌の効果により、免疫の向上や腸内環境を良くする効果が期待できますよ。

また、乳製品に含まれる乳糖(ガラクトース)は腸内細菌のエサとして活躍します。

善玉菌を増やして働きを効率化できるので、おすすめです!

  • 食べ方

おすすめの食べ方は、はちみつホットヨーグルトです。(ただし乳幼児には、はちみつは×)

 40度前後に温めて食べることで、腸を冷やさず、ビフィズス菌の活動が活性化されます。

無糖ヨーグルトを選んで、オリゴ糖シロップやはちみつで食べてみてください(*’ω’*)

はちみつのグルコン酸は、ビフィズス菌などの善玉菌を増やす効果があります。

はちみつが難しいときは、腸内で餌になるオリゴ糖シロップがおすすめですよ。

 

  ▼らっきょう

 
らっきょう
引用元:https://goo.gl/xhP1Fe

 

  • 効果

らっきょうには、腸内細菌バクテロイデス菌のエサになる水溶性食物繊維が豊富です。
それを餌として、脂肪の吸収を抑える短鎖脂肪酸を分泌するので、脂肪が吸収されにくくなります。
さらに、らっきょうにはアリシンによる殺菌効果があり、デブ菌の殺菌にも効果的です。

バクテロイデス菌は日和見菌ですので、腸内が善性に傾いている状態で摂取するのがポイント!

  • 食べ方

おすすめの食べ方は、らっきょうの甘酢漬けで作る酢の物。
きゅうりやわかめ、らっきょうの甘酢漬けを和え、そのまま甘酢漬けの汁を酢として利用します。
こうすることで水溶性食物繊維を余すことなく摂ることができます。
きゅうりや、わかめで嵩が増すので、4粒~5粒が目安であるらっきょうの摂りすぎを予防できますよ。

 

  ▼玉ねぎ

玉ねぎ

玉ねぎ

 

  • 効果

玉ねぎも、らっきょうと同じ水溶性食物繊維を持っています。
大腸でこの水溶性食物繊維が分解される際に、多くの短鎖脂肪酸が作られます。
これにより、脂肪の蓄積を予防し、免疫勅の向上効果があります。

  • 食べ方

おすすめの食べ方は、玉ねぎヨーグルトです。
スライス玉ねぎとヨーグルト、塩を混ぜて作り、トーストなどにのせて食べることができます。
玉ねぎの水溶性食物繊維、ヨーグルトの乳酸菌・痩せ菌を摂取できるので、より効果がアップします。

 
大体、スーパーやコンビニで手に入りやすく、常備菜としてもしばらく冷蔵庫に保存できるものです。
上手く活用して、腸美人生活を始めてみてはいかがでしょうか(≧▽≦)

 

■効率よく痩せ菌を作るには?

 

  ▼サプリが効率的

「毎日作るのも買ってくるのも面倒くさい・・・」という人にはサプリメントがおすすめ!
痩せ菌サプリなら気軽に始めやすいですし、合わせて摂ることで効果のある成分がバランス良く配合されています。
常温保存もできるので、枕元に置いておけば寝る前にすぐ飲むことができますし、忘れないですよね(*’ω’*)

 

  ▼痩せ菌サプリの紹介3選(商品・特徴・価格・口コミ)

 

 

ラクビ LAKUBI

ラクビ画像

ラクビ

【価格】

通常価格(税込)3,800円

【ゆうゆうコース】990円
※2回目以降2,650円 ※継続3回以上

【量】

31粒/30日

【特徴】

痩せ菌であるビフィズス菌と、餌になるオリゴ糖が配合されています。

 

  • 飲み始めて1週間ですが、お腹の調子がよくなったみたい。お通じが出るようになりました!
  •     

  • 飲んで1か月たつんだけど、痩せてるとは思えない。運動しないといけないのかな。
 

 

ビフィラプラス

ビフィラプラス

ビフィラプラス

【価格】

通常販売価格5,960円⇒ 2,980円(税別)

【量】

60粒/30日

【特徴】
ビフィズス菌末、乳酸菌(殺菌乳酸菌EC-12)、ケフィア粉末(乳由来)配合。

キャンドルブッシュも配合し、排便効果をアップ。

 

  • 頑固な便秘だったんですが、2週間でお腹の調子が安定してきました!
  •     

  • ちょっとお腹に刺激があったのか、下しました・・・。私には合わないみたい。
 

 

スルスルこうそ

スルスルこうそ

スルスルこうそ

【価格】

通常価格4,125円(税別)

【量】

62粒入り

【特徴】
酵素と乳酸菌配合、食物繊維と鉄分配合のサプリ。

 

 

 

 

 

  • 酵素サプリ、初めてだったんですけど疲れにくくなった感じだし、お腹の調子もいいです!
  •     

  • 使い始めて2週間くらいなんだけど、肌が乾燥しなくなったし吹き出物が少なくなりました。

 

 

 

▶痩せ菌が増える生活習慣

コップ

■痩せ菌を活性化させる食事方法とコツ

食事の内容だけでなく、タイミングも腸内環境の改善には大事なポイントです。

このポイントを意識しておくだけで、腸内環境改善がスムーズに進みますよ!


【ポイント】

  • 夜遅くに食事をしたりする場合は、就寝の3時間前までには食事を済ませるようにしましょう。
  • 痩せ菌サプリを飲むときは、胃酸分泌の落ち着いている【夕食後から20分~30分ごろ】に飲むこと。

 

「夜食を食べないと気が済まない」など、ダイエットのルールがうまく守れない・うまくいかないという時は、ダイエット外来で相談してみるといいですよ!

 

 

 

■お腹すっきりサポート!運動・マッサージのコツ


お腹をすっきり・痩せさせるには、食事だけでは痩せられません。

便を運ぶ腸の運動を助けることや、筋トレや運動で脂肪を燃焼させる必要があります。
*すっきり腸マッサージ

 

リンパマッサージで、腸を刺激してすっきりさせます。
お腹周りのセルライトケアにも最適ですよ。

 

 

【マッサージ手順】

 

  1.  あおむけに横たわります。
  2.  両手を重ねて、へその左上側から反時計回りにマッサージします。
  3.  円を描くようにマッサージしたら腹式呼吸をします。
  4.  お腹全体を上から下に向けてさすります。
  5.  上から下に向けてつまみながら、上に移動していきます。

 
 引用元:http://www.kirei-kouso.info/diet/cellulite.html

 

 

*腰回りに最適!ラジオ体操

運動習慣がない人にもおすすめなのが、ラジオ体操。
腰を中心としたストレッチが多く、しっかりやると結構な運動に感じます。
脂肪を燃焼させる有酸素運動になるので、夕方ごろ取り入れて見るといいですね。

 

 

▶痩せ菌が増えたら?ダイエット成功のいろは

スリムな体

■1ヵ月で-5kg!ダイエットできちんと痩せるコツ

 
 体質や状況にもよりますが、むくみや宿便を解消することで体重のうち1~3kgは、比較的落ちやすいでしょう。
しかし、脂肪燃焼してさらに2kgを1ヵ月で落とすには、運動を取り入れることになります。

痩せ菌が腸内に増えても実際についている脂肪を落とすには、有酸素運動などが必要です。
脂肪を燃焼させるのが有酸素運動、ボディラインを引きしめてリバウンドを予防するなら、筋トレ(無酸素運動)も取り入れていきましょう。
痩せるアプローチとして、トレーニングジムやヨガスタジオなど、新しい趣味として運動できる場を探してみましょう。
 
 

 

■痩せ体質のキープ

 

1㎏でも痩せることができたら、痩せる状態をキープする意識が大事ですね。

キープしながら、さらに痩せていく積み上げ型ダイエットで成果を手に入れましょう。

 

 

【キープで意識するポイントはこの3つ!】

*立ち姿勢、座り姿勢、歩き方を意識してみましょう。
立ち振る舞いだけでなく、筋肉が適切に使われてきれいなボディラインになります。
 
*食べる量や食べ方などを注意し、暴飲暴食は控えましょう。
 せっかく良くなった腸内がまた逆戻りしないように注意が必要ですよ。

 

*体に良い習慣を心がけましょう。

体内に活性酸素やストレスが増えるタバコなどの悪習慣も、見直してみましょう。
たばこの代わりに、ワンコインエステなど、気分を上げるスペシャルケアもおすすめですね。

 

■断続が自信とモチベーションのアップに!

 

楽しそうにランニングする女性

 

「ハードルは低く、コツコツと続ける」がダイエット成功の道です。

続けることでの習慣化と、小さな達成感を味わうことで自己肯定意識が高まりますよ。

目標がー20㎏だとしても、まずは-5kgから目指して取り組んでみてはいかがでしょうか。

思うように体重が落ちなくても、続けられる自分を褒めながら頑張ってみましょう。

 

▶まとめ

スリムな女性

 

痩せ菌で痩せる仕組みや、正しい取り入れ方についてのリサーチはいかがでしょうか。

痩せ菌ダイエットでやせるポイントをおさらいしてみましょう。

【痩せ菌ダイエットのポイントまとめ】

 

  • 痩せ菌で痩せるにはビフィズス菌を摂る・増やすことが大事。
  • 日和見菌(バクテロイデス菌)を味方につけて腸内バランスを善性に保つ。
  • 食事やサプリなどで腸内の状態をケアして、脂肪がつくのを抑える。
  • 食事のタイミングやバランスに注意して、適度な運動を心がける。
  • 脂肪燃焼に有酸素運動等を取り入れる。
  • 断続が大事。

 

痩せ菌で痩せる仕組みや効果を知って、効率よく取り入れてみてくださいね!

上手く利用すると、ダイエットだけでなく美肌や、疲れにくくなる効果が期待できますよ。