自家製酵素ドリンクの失敗例

posted in: 酵素豆知識 | 0

悩む女性2人

酵素ドリンクを自分で作る人が増えています。

確かに自分で素材を選べて、目的に合わせて自分だけのオリジナル酵素ドリンクを作れたら嬉しいですよね。

ですが発酵と腐敗は表裏一体。

失敗例も多いので気をつけましょう。

 

失敗例①腐敗してしまう

 発酵と腐敗は表裏一体です。発酵しているかと思ったら腐敗していたというケースは意外と多いようです。

 酵素がしっかりと働いていれば発酵が進みますが、作成の家庭で雑菌が繁殖してしまうと

 腐敗に繋がってしまいます。

 

失敗例②瓶の中にカビが生えている

 菌瓶の中にカビが生えてしまう例も割りと多く見かけます。

 湿度の高い季節はもともとカビが繁殖しやすい環境にあるため

 管理は徹底しましょう。

 

失敗例③味が非常にまずい

 発酵には成功したものの、飲めるレベルの酵素ドリンクにはなっていない事例もよく聞きます。

 体によさそうだからと野菜や野草などを中心に使ったり、

 にんにくや生姜などの刺激の強い野菜を使ってしまうと味もきつくなってしまいます。

 フルーツを加えるなど、完成した状態での味を意識して材料を選びましょう。