メルティービーナスは、VIO・デリケートゾーンの除毛もできる?

posted in: 脱毛 | 0

ムダ毛が気になる箇所は、腕、脚、背中、お腹、胸、ワキなどが中心。ですが、女性がもっとも除毛に困る箇所は、VIO、デリケートゾーンではないでしょうか。脱毛サロンなら確実にデリケートゾーンのムダ毛を処理できるけど、恥ずかしいし費用も高いですよね。そこで、医薬部外品で、きれいに除毛できると評判のメルティービーナスで、デリケートゾーンの除毛もできるのかどうか調べてみました。

メルティービーナスはVIO・デリケートゾーンの除毛もできる?

デリケートゾーンの部位ごとにメルティービーナスを使用できるかを紹介します。

Vライン

Vラインについては、パッチテストを行って異常がないと確認した上でならば、粘膜部に付着しないように、十分に注意すれば使用可能です。
※万が一除毛中に粘膜部に付着した場合、または違和感などを感じられた場合は使用を中断して、よく洗い流して下さい。

 

Iライン、Oライン

IラインとOラインについては、粘膜部に付着しないように使用することがかなり困難です。そのため、使用しないことが推奨されています。粘膜部は特に刺激に弱いので、パッチテストの結果に関係なく、粘膜部への使用は避けてください。

 

乳首周り

乳首周りについては、メルティービーナスで除毛可能ではあります。しかし、乳輪部分は粘膜部でもあるため、液剤が付着しないよう細心の注意を払いながら使用してください。

 

顔への使用は控えるようにしてください。肌の負担をできる限り軽減できるよう考えられた成分配合によって開発・製造されてはいるものの、メルティービーナスを含む、除毛効果のある医薬部外品のクリームに含まれている除毛成分は、どうしても肌へ刺激を与えてしまいます。特に顔は、女性であれば化粧、男性であればひげ剃りなどで常時酷使されている上、紫外線などの外的ストレスの影響もあるため、非常に敏感になっており、除毛成分の刺激が悪影響を及ぼすことも考えられます。また、顔に塗布してしまって洗い流すときに、目や口へ混入してしまう恐れもあります。

 

上記のとおり、メルティービーナスをデリケートゾーンに使用する際には細心の注意を払ってください。※使ってはいけない箇所には使用しないでください

 

VIO・デリケートゾーンの除毛方法

※メルティービーナスを使う際には、まず必ずパッチテストを行ってください。

チューブからメルティービーナスの液を出し、粘膜に付着しないように塗ります。その他の箇所と同じように、5~10分間待ったのち、軽く拭き取って洗い流せばOKです。ただ、デリケートゾーンは肌が弱いため、少しでも違和感やヒリヒリとした痛みなどを感じた場合、粘膜に付着することのないようすばやく慎重に拭き取り、洗い流すようにしてください。

 

メルティービーナスの購入なら公式サイトで

メルティービーナスは、amazonや楽天での購入も可能ですが公式サイトが最安値となっています。デリケートゾーンの中でも、使用できる部位は限られますが、サロンに行った後のようにきれいに除毛できるので、試してみる価値はあると思います。

Leave a Reply