【 角栓除去 】化粧品の基礎知識やメリットなど

posted in: スキンケア | 0

気になる鼻のプツプツ

接近されるのが怖い

なんだかお肌がザラついて特に鼻のところがザラザラして、プツプツしているものが出来ます。それが角栓です。毎日洗顔しているのに、洗いきれない皮脂や汚れが毛穴に詰まってなかなか取り除けません。気になって不快だったり、誰かに見られて汚いと思われたら嫌だなと、ピンセットで引っ張ってみたり、爪で押し出したり、毛穴パックをしすぎると、一時的に角栓除去出来ても、その開いた毛穴にさらに汚れが溜まり、どんどん毛穴が広がってしまいます。正しい角栓除去を行い、接近されても怖くないお肌を目指しましょう。近年人気なものがバーム状の洗顔料です。固形状のバームを手のひらに乗せると、トロッとした質感にかわります。そのトロトロとしたバームが肌の毛穴の凹凸まで入り込み、しっかり洗い上げます。他にも、肌に乗せるとじんわり温かくなる洗顔料などもあり、毛穴を開きながら洗い上げてくれるので、角栓が溜まるのを防ぐ効果があります。洗顔料は毎日のケアで角栓除去し、また溜まりにくくしてくれます。角栓を無理に引っ張ってしまうということがないので優しく角栓除去することができます。時々使いたいスペシャルケアとして、つぶつぶのジェルスクラブやオイルでマッサージすることも角質除去に効果的です。小鼻専用のスクラブもあり、指でくるくるとマッサージすることで角栓を柔らかくし、除去しやすくしてくれます。こちらも、じんわり温めながら出来るものもあります。さらに引き締め効果のあるものを選ぶと、毛穴を引きしめてくれるので効果的です。

角栓除去化粧品の効果と作用

乾燥させると黒ずみやすい

角栓が目立つ肌をケアしたいときは、お肌に負担を与えないことを第一に考えなければなりません。ヒアルロン酸などの保湿成分をたっぷり配合したクレンジング剤を選んで、優しく洗うことが大切です。角栓除去をするため、一日何度も洗顔するなど、過剰なケアを行う人がいますが、これはかえって肌の状態を悪化させてしまうのでやめましょう。過度に洗顔すると乾燥するので、水分が足りなくなった肌は弾力を失い、毛穴の入口付近の伸縮を悪くしてしまいます。角栓除去が出来るどころか、黒ずみが目立つようになるので、洗顔は朝晩の2回のみにしてください。乾燥すると、肌を守ろうとする機能が働き、皮脂が過剰に分泌されるようになります。その皮脂が不要な角質と混ざり合うと角栓を生み出してしまいますから、過度な洗顔は避け、洗顔後の保湿を忘れないようにしましょう。洗顔後は保湿化粧水を多めに使い、お肌に水分を与えたら、オイルフリーのジェルや美容液でしっかり蓋をするようにしてください。乳液やクリームで蓋をすることも出来ますが、油分の多いものは、毛穴を詰まらせる原因になるので、角栓除去のためには避けた方が良いでしょう。みずみずしい肌をキープできれば、ハリや弾力もよみがえりますし、皮脂の分泌も抑えられるので、毛穴も引き締まって見えるようになります。乾燥を防ぐことが出来れば、肌のバリア機能も向上し、ターンオーバーも整うので、角栓除去が出来ますし、なめらかな肌を保つことが出来ます。

きちんと落として解消

角栓除去をすることは、毛穴の黒ずみの解消につながります。角栓は、皮脂や角質といった物質が毛穴に詰まってできます。これを取り除くことで毛穴のポツポツを防ぐことができます。黒ずみは他にもメラニンやニキビ跡によっても発生しますが、特にトラブルがない人の場合、角栓が原因です。よって角栓除去するだけできれいな毛穴を維持することができます。角栓は自然に詰まってしまうので除去すれば問題はありません。むしろ、肌のサイクルがちゃんとしている証拠とも言えます。とはいえ、角栓は単にゴシゴシとこすり洗いするだけでは取り除くことが難しいです。毛穴をよけい目立たせたり、肌の保湿が失われ、傷つけてしまうことにもなりかねません。角栓除去をきちんとしたければ、除去用の化粧品でお肌を守りながらするようにしましょう。洗顔石鹸には角栓除去ができるタイプのものがあります。よく泡立て、擦り過ぎないように洗うようにしましょう。タンパク質を分解してくれる酵素を使った洗顔料が角栓除去に使えます。ピーリングも時々行うことで効率よく除去ができます。洗顔料にしても、ピーリングにしても適度に、定期的に行うことが大切です。継続的に行っていけば、だんだん毛穴がキレイになっていきます。こうした除去用のものを使った後は、アフターケアをするようにします。保湿をしっかりとし、毛穴が再びつまらないようにしておきます。毎日ただ洗顔するだけでは取り除けない角栓も取り除け、しかもできにくくなります。

角栓除去化粧品の選定のポイントや特長、メリットや評判について

角栓除去の方法

角栓は男女問わずできる可能性があります。なかなか解消できず、そのままコンプレックスになってしまうことも少なくありません。では、どのような化粧品を使うことで効率良く角栓除去することができるのでしょうか。まず、角栓の原因となるのは皮脂や古い角質層です。皮膚を傷つけることで油が分泌されてしまうので、洗顔方法に気を付けなければなりません。黒くなってしまった角栓を除去するために力強く洗顔をする人が多くいますが、それでは肌を傷つけてしまい、角栓除去どころか返って角栓ができる原因になってしまいます。優しく洗顔をするようにしましょう。洗顔には肌に油の残りにくい石けんタイプの洗顔料を使うようにしましょう。洗顔の後に使用することで効果があるのがビタミンC誘導体が入った化粧品です。ビタミンC誘導体には皮脂分泌コントロール作用があります。なので、皮脂の分泌を抑制出来ることによって角栓が作られるのを防ぐことができます。また、角栓除去にピーリング化粧品を使用する場合にはジェルタイプのものかクリームタイプのものを選ぶようにしましょう。他のタイプのものよりも使い勝手が良くなっています。使用した後には保湿ができる化粧水を使うようにしましょう。角栓除去を行った後には肌が乾燥してしまいます。なので、肌のダメージを抑えるためにも保湿を怠らないようにしましょう。角栓ができるのには過度の洗顔や食生活、睡眠時間が関係しています。なので、化粧品に頼るだけでなく、生活習慣も改善するようにしましょう。